韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  経済報復、日本は中国と同じレベルの国なのか

経済報復、日本は中国と同じレベルの国なのか

日本による貿易報復に対し、米国や英国など海外のメディアは懸念を示している。例えばウォールストリート・ジャーナル誌は「日本は自らの足元に火を付ける結果になる恐れも」と指摘し、フィナンシャル・タイムズ誌は「最終的には全世界の消費者が被害を受ける」などと報じた。日本の読売新聞も「自由貿易に逆行する措置であり、結果的に逆風を受けるだろう」などと批判したことから、日本メディアの中にも同じような見方があることが分かる。日本のある経済専門家は「世界貿易機関(WTO)のルールに違反している可能性がある」と指摘した。日本による貿易報復が韓国や日本はもちろん、各国が複雑にからみ合っているサプライチェーン全体に混乱をもたらすとの見方は、海外の識者の間でほぼ一致しているのだ。

1965年の国交正常化以来、韓国と日本の間にはさまざまな対立や衝突はあったものの、経済だけは緊密な協力関係を維持してきた。双方共に相手が3-5位の貿易相手国であり、事実上一つの経済圏だったからだ。今回問題となっている半導体はもちろん、石油製品、鉄鋼、精密化学、食品など主要産業で両国の企業は競争をしながらも、時計の部品のように緊密につながり経営を続けてきた。どこかで問題が生じれば、他のところで必ず被害が発生する構造が形成されているのだ。そのため今回の日本による報復は50年にわたり蓄積してきたこの韓日経済協力の枠を揺るがすものであり、影響でその信頼関係も根本から傷ついてしまった。

スポンサードリンク
(中略) 過去の韓日請求権協定に「両国間の請求権問題は完全、最終的に解決されたことを確認する」と明記されているのは事実だ。韓国がこの協定を破ったとして、日本が怒るのも当然理解できる。しかしそれを外交的な方法ではなく、経済報復という暴力的で野蛮な手段を持ち出してよいのだろうか。両国関係の未来を考えると実に嘆かわしいことだ。
http://www.chosunonline.com/

2013-10-04-watasi-1.jpg

韓国と言うのは戦後から日本に助けられ、挙句に日本の敗戦と言う弱みにつけ込み、反日行為を繰り返し、とどめはレーザー照射と言う敵国視である。 ルールを無視したのは韓国。条約破りも韓国。挙句に北朝鮮にフッ化水素を渡したのも韓国。すべて韓国が悪い。にもかかわらず、朝鮮日報は、社説で上記の記事を掲載する。論外だろう。自国政府を攻めるべき。しっかりと自国政府の不始末を指摘し、正常化を図るべく、報道するのがメディアの仕事。

関連記事

[ 2019年07月04日 11:58 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(3)
この機会に今までの様な関係を完全に破壊して欲しいと思います。
[ 2019/07/04 12:35 ] [ 編集 ]
韓国は北朝鮮レベルの国だ。
韓国が日本は中国レベルの国なのか?
と自分たちは日本、中国よりレベルの高い国と思い込んでいる様だ。
法が個人感情より下である韓国は中国よりさらに低いレベルの北朝鮮同等の酷い国だ。
[ 2019/07/04 13:01 ] [ 編集 ]
日本は中国レベルの国なのか?とは大分評価が高い。

韓国に対する罰の与え方は中国を見習い、
そしてそれを超えないといけないと思います。

日本の手で韓国を石器時代(李氏朝鮮)まで戻してやらねば。
[ 2019/07/05 22:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp