韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン電子、日本製に替わる「フッ化水素」テストに着手…日本も緊張

サムスン電子、日本製に替わる「フッ化水素」テストに着手…日本も緊張

サムスン電子が日本の半導体材料の輸出規制強化に対応するために代替製のテストに着手したと伝えられた。日本経済新聞はサムスン関係者の言葉を引用して「サムスンが半導体工場で新しい材料を試す際に使用するラインに、日本以外のメーカーのフッ化水素を投入し試験を始めた」と17日、報じた。

あわせて同紙は「中国や台湾、韓国のメーカーの製品とみられる」とし「韓国の半導体業界の日本離れにつながる可能性もある」と付け加えた。韓日間の政治的葛藤によって触発された日本の対抗措置が日本産業界にもブーメランとして返ってくるおそれがあるという懸念がにじんだ分析だ。 日経によると、サムスンが実際に日本製以外の材料調達するかの判断は2~3カ月かかる見込みだ。これに先立ち16日、共同通信は中国メディアを引用して「化学原料メーカー浜化集団(山東省)が韓国の一部半導体メーカーからフッ化水素を受注した」と報じた。

日本政府は今月4日から国家安全保障を理由に挙げて半導体とディスプレイ生産に使われる核心材料3品目であるエッチングガス・レジスト・フッ化ポリイミドの輸出規制を強化した。

スポンサードリンク
エッチングガスは半導体ウエハー(基板)の表面処理に使われ、レジストは半導体製造時にウエハーの表面に電子回路パターンを投影して露光する時に必要な感光液だ。フッ化ポリイミドは有機発光ダイオード(OLED)の生産に使われる。 日本の輸出規制直後、5泊6日間の日程で日本を訪問して帰国した李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長は、緊急社長団会議を招集して非常計画の樹立を要求したと伝えられた。
https://japanese.joins.com/

2015-01-08-sa-1.jpg

中国の化学企業、浜化集団(山東省)が韓国の半導体メーカーからフッ化水素を受注したと報じた。日本がフッ化水素の対韓輸出規制を強化したため、韓国企業が代わりの調達先として中国を選んだ可能性がある。 報道は日本の措置との関連を指摘した上で、浜化集団が製品検査などを経て韓国企業と正式な協力関係を結んだとしている。

日本は中国工場でも高純度フッ化水素を製造している。日本企業傘下であるから、規制をかけるのは同じだろうと思うが…。日本がほぼ100%シェアであるから、現実はどこから輸入しても同じである。国が違っても日本傘下企業に規制を掛けられる。今度は中国が影響を受けて、韓国への輸出は立ち消えることになるのではと思うが…。 基本は日韓貿易だが、日本企業からの他国からの輸出にも範囲を広げれば、韓国企業にとって避けて通れない。恐らくは日韓貿易でショートする分の在庫つくりでしかないのではと思うが。それを相談しに訪日したと考えるのが妥当だ。


関連記事

[ 2019年07月17日 09:33 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
あとは品質試験
経営管理上、部材の一社購買はリスキーだから、
サムスンが複数購買に手を打つのは正常なこと。
あとは品質試験が一回でパスするか、だめなら
技術指導が必要。
[ 2019/07/17 19:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp