韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国は安保の防波堤、GSOMIA終了は日本が原因を提供

韓国は安保の防波堤、GSOMIA終了は日本が原因を提供

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は19日、「国民が問う 2019国民との対話」で、23日午前0時に終了を迎える韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について、「GSOMIA終了問題は日本が原因を提供したものだ」と述べた。

その上で、「韓国は日本の安保にとって大きな部分で防波堤役をしてやっている。しかし、日本は輸出規制をする際、『韓国を安保上、信頼できないため』という理由を挙げた」と語った。

文大統領は「(日本は)韓国に輸出されるフッ化水素などの半導体材料が北朝鮮などに渡り、多重殺傷武器になる可能性もあるので、韓国を信じられないということだ」「安保上、信頼できないと言いながら、軍事情報は共有しようというなら(それは)矛盾した姿勢だ」「疑惑自体がとんでもないが、(日本が)仮にそうした疑いを抱いているなら、輸出物資統制を強化してほしい、あるいは韓日間の意思疎通を強化しようと言うべきなのに、何の事前要求もなしにある日突然、輸出規制措置を取った」「我々としては、当然取るべき道理を取ったもの」と言った。

日本の韓国に対する輸出規制措置の解除なしにはGSOMIA延長もないというこれまでの見解をあらためて強調したものだ。

スポンサードリンク
ただし、文大統領は「最後の瞬間までGSOMIA終了事態を避けることができるなら、日本と共に努力していく」と言った。また、「我々の安保にとっては韓米同盟が核心だが、韓米日の安保協力も重要だ。GSOMIAが終了することがあっても、安保上の協力を続けていく」とも述べた。GSOMIA終了時に韓米日情報共有約定(TISA)などで代替するという意味だ。しかし、米政府や専門家らは、TISAでは安保協力に限界があり、GSOMIA終了は韓国はもちろん、米国の国益にも害を及ぼすとして反対している。
http://www.chosunonline.com/

2019-11-17-k002.jpg

文大統領は「最後の瞬間までGSOMIA終了事態を避けることができるなら、日本と共に努力していく」と言ったというが、意味が解らない。記事では不思議な事を掲載している。不正輸出の全容を日本は提示している。その一つ一つの項目に返答はない。輸出した部材は何に使ったのかさえ不明。また北朝鮮その他に不正輸出した事実は消えない。

ウソをつきとおせば、ウソの上塗りとなり、またウソをつくしかない。条約破りの韓国に、信頼はない。どんな記事できれいごとを掲載してもウソでしかないのだから、無理である。せめて条約を守る国になることである。信頼を作るには長い年月の外交努力が必要となる。韓国は今回、本性を現したことで、この信頼を作り上げるのは今後無理だろう。文大統領の馬鹿らしさは歴史に残ることになる。

本来小国とは言え高い能力を持つ国ならば、日米を上手に使いこなすだろう。しかしそれが出来ない小国では、単なる小国の我儘に過ぎず、どの国も助けないのでは、未来はなくなる。小国のわりに、外資系企業のGDPで自国の努力と言う。通貨危機で外資に助けられてきている国が、韓国企業と言いつつ大きな態度で日本を超えたという。外国人投資家に頼る国は、投資家を含め、支援する日本への礼儀は不可欠。日米を使いこなせずに、卑劣に扱うなど、自滅への道でしかない。

関連記事

[ 2019年11月20日 09:18 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp