韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国ロッテ マートとスーパー中心に約200店統廃合へ

韓国ロッテ マートとスーパー中心に約200店統廃合へ

主力事業の不振にあえぐ韓国の小売り大手ロッテショッピングが、創業以来最大規模の構造改革に踏み切る。ディスカウントストアやスーパー、百貨店、ドラッグストアなど約700店を展開しているが、3割ほどにあたる約200店を順次統廃合する計画だ。

同社が14日までにまとめた2020年の運営戦略と事業計画によると、「ロッテマート」と「ロッテスーパー」を中心に3~5年かけて店舗の統廃合を進める。対象店舗の人員は他店に配置転換される見通し。 昨年12月には流通BU長(副会長)をトップとする法人に各種の小売業態を統合し、事業部長の指揮の下で各事業部が商品開発と営業に集中する体制に再編している。

ロッテショッピングはライフスタイルを提案するサービス企業への転身を図ろうとしている。店舗統廃合はその一環で、マーチャンダイジングズのノウハウを生かし、業態間の垣根を超えて相乗効果を生み出すことが狙い。 また、3900万人に上る顧客のデータを活用して、個々の顧客に合ったサービスを提供するという構想を示した。今年3月には各事業のインターネット通販サイトを統合し、電子商取引(EC)市場攻略も本格化する。

スポンサードリンク
同社の大規模な構造改革の背景には、主力のディカウントショップとスーパー事業のここ数年の不振がある。 小売市場は実店舗からオンラインへの移行が進んだが、競合他社に比べると対応が遅れた。また、積極的に店舗を展開してきた中国事業では、17年以降、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備を巡り韓中関係が冷え込んだ結果、撤退に追い込まれた。 ロッテグループ創業家の経営権争い、横領や背任事件などの悪材料も重なった。さらに昨年は韓国で日本製品の不買運動が広がり、日本で幅広く事業を手掛けるロッテの打撃は特に大きかった。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/02/14/2020021480032.html

韓国ロッテはホテルや百貨店など多角化を進め、「韓国10大財閥」の一角を占めるまでに成長した。日本ロッテの売上高が約3200億円(2016年度)なのに対し、韓国ロッテの売上高は90兆ウォン(約9兆円)を超える。規模では圧倒的に劣る日本ロッテだが、韓国ロッテの主要企業に出資し中核的な位置付けのホテルロッテ株の大半を保有し、韓国ロッテの経営を間接的に支配する構図だ。

ホテルロッテの筆頭株主である日本ロッテが韓国ロッテの意思決定に干渉できる構造だが、東彬氏が日本ロッテの代表権を持つことで、均衡が保たれ「1つのロッテ」を維持していた。ところが中国が2017年10月に韓国への団体旅行を一部の旅行代理店で再開することを許可したが、ロッテ系列のホテルや免税店をツアー内容に含めないよう指示した事で、日本ロッテと関係が深いホテルロッテは営業赤字から抜け出せない状態となった。

さらにロッテグループ創業者の辛格浩氏が19日に死去したことを機に、同グループの経営権を巡り骨肉の争いを繰り広げた兄弟が対面し、経営権を巡る争いで疎遠になった兄弟が同席していること自体が話題になった。父親の死を機に物理的な距離を縮めた様子を見せていることから、今後関係改善が進むとの期待がある一方で、和解が期待できるほどの状況ではないとの指摘もある。特に東主氏がロッテHDの役員への復帰を目指している点が変数となると言われる。

関連記事

[ 2020年02月14日 11:45 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp