韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  ソウル大生が文大統領を「公開批判」?=ネットも共感「中国に何も言えない」「日本の方がよっぽど…」

ソウル大生が文大統領を「公開批判」?=ネットも共感「中国に何も言えない」「日本の方がよっぽど…」

2020年3月6日、韓国・アジア経済は、「ソウル大学の学生が文在寅(ムン・ジェイン)大統領を公開批判した」と報じた。記事によると、フェイスブックのソウル大匿名情報提供ページに3日、「新型コロナウイルス感染において文大統領を批判する人たちを見て、これ以上がまんできずに書きます」と題するスレッドが立った。スレッド主は10項目を提示しており、以下がその内容だ。

1.文大統領が中国と苦しみを分かち合おうとでも言ったのですか。
2.こんな状況の中でも北朝鮮と手を取り合って乗り越えて行こうとでも言ったのですか。
3.「武漢肺炎」は中国をおとしめる表現だからら、「コロナ19」と呼んでほしいとでも言ったのですか。
4.疾病管理本部が「中国人の入国を阻止せよ」と言った時、その言葉を無視でもしたのですか。
5.せめてもと中国にマスク100万枚をただで送りでもしたのですか。
6.国民には安心しろと言っておきながら、大統領府は二重三重の消毒を行ったのですか。
7.MERSの時よりうまく対応していると自画自賛でもしたのですか。
8.「コロナが終息する」とか言っておきながら、数日後にウイルスが拡散でもしたのですか。
9.死亡者が出ている中、大統領府でチャパグリ(インスタント麺「ノグリ」と「チャパゲティ」を混ぜ合わせたもの。映画『パラサイト 半地下の家族』で話題になった)を食べながら遊びでもしたのですか。
10.文大統領がこの中(1~9の中)で一つでもしたか言ってください。

記事は「一見、文大統領に対する一連の批判への反論とも受け取れるが、スレッド主が掲載した項目の多くが実際に行われたものだ」とし、「つまり、政府の新型コロナウイルス感染症への対応に失望した多くの国民に代わり、大学生が反語法の形で指摘したものだ」と説明している。

スポンサードリンク
このスレッドへの反響は大きく、記事にも5000件近くのコメントが寄せられている。「100%共感」との声をはじめ、「4月15日(総選挙)は無能で偽善者で偽物の政権や与党を審判する日になるだろう」「セウォル号沈没事故の時と何が違うの?」「文大統領は中国人なのか」「文大統領を大統領の座から引きずり下ろすことが、韓国が災いと心痛からいち早く脱する道」と文大統領への非難の声が続出している。また、「文大統領は日本には強気なくせに、中国には何も言えない」「文在寅政権より日本の方がよっぽどマシ。少なくとも自国民の命の保護を優先してるし、世界各国がうらやましい」との指摘も寄せられている。
https://www.recordchina.co.jp/b787276-s0-c30-d0127.html

若者に不人気の文大統領。当然だろう。日本との条約破りなど考えられない。信じられないことを平気で実施する韓国政府、それを後押しする韓国メディア。日本統治下からの恨みを今なお背負った韓国政府は、同じように他国でも約束を破り、借金外交で借りた金すら返さない事を平気で実施する連中である。

慰安合意の10億円のみならず、敗戦後に請求権協定により、韓国に支払った有償。無償のODAのみならず、インフラまで実施した日本である。日本政府は統治下においた韓国を優遇してきたが、あまりの我儘に無視せざる負えなくなったのも事実。通貨危機ごとに国が崩壊し外資に助けられる構図で、財閥とともに高度成長した国であるが、今は財閥経営の限界でもあり、政府も自国民も大きな借金を背負う国である。

借金は減少させることは困難な国であるのと、平均年収が低いので、サムスンや現代自の様に日本の平均年収に近い企業に就職するための競争激化が異常値越えとなった国でもある。なので、仕事ができない割にプライドが高い。我儘のみならず、大卒者の仕事は見つからない状態。挙句に中小企業雇用が9割近い国であるから、高い給料求めて就職合戦が激化し、国内での就職は無理となった国である。

なので若者は現状政権に大きな不満を持ち、企業は成長戦略に劣り、政府の経済政策は税金投入しかないという低レベルである。次の通貨危機が近づいており、国が崩壊すれば再建できないのではと言う不安のほうが大きい。

関連記事

[ 2020年03月10日 08:24 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp