韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本の電池特許出願数は世界の3分の1、圧倒的に世界をリード

日本の電池特許出願数は世界の3分の1、圧倒的に世界をリード

中国メディアの華爾街見聞は28日、「日本は電池特許出願数で圧倒的に世界をリードしている」と指摘する記事を掲載した。

記事は、欧州特許庁(EPO)と国際エネルギー機関(IEA)がこのほど発表した報告書によるものとして、「2018年の日本の電池関連の特許出願件数は世界最多の2339件に上った」と伝えた。日本は世界の3分の1を占め、2位の韓国(1230件)の約2倍だとも指摘。また、2000~18年の企業ごとの出願件数について「1位は4787件の韓国・サムスン電子だが、上位10社のうちの7社が日本からだ」と強調し、2位は4046件のパナソニックで、3位は2999件の韓国・LG電子だと紹介した。

ただ、「日本は出願件数では上位だが、実際の応用では大きな後れを取っている。特に動力電池分野だ」とも述べており、報告書には「日本は電池技術で先頭に立つが、電気自動車(EV)の世界市場でのシェアには転化されていない」との記述があると説明。報告書によると、19年の中国のEV販売台数は110万台と世界の半数を占めたのに対し、日本は2%にとどまった。

記事はまた、「動力電池分野で最大シェアを握るのは日本のメーカーではない」とし、「韓国・LG化学が今年、世界トップのサプライヤーになった。1年前に11%に届かなかったシェアは25%に拡大している」と指摘した。
https://www.recordchina.co.jp/b838802-s0-c20-d0063.html

スポンサードリンク
2020-09-29-k002.jpg

今年に入り、韓国バッテリーメーカー3社の世界市場シェアが軒並み上昇した。市場調査会社SNEリサーチが発表した年間累積電気自動車バッテリー使用量によると、去年7月までLG化学製品の使用量は13.4GWh(ギガワット/時)で1位だった。シェアは昨年より14.5ポイント上がった25.1%だ。中国CATLが23.8%でその後を追っている。韓国メーカーのうち、サムスンSDIが6.4%、SKイノベーションが4.1%でそれぞれ4位と6位を占めた。韓国メーカー3社のシェアは合わせて35.6%だった。

サムスンSDIの7月のシェアは7.3%で、前月より2.8ポイント上昇した。SKイノベーションのシェアも1.2ポイント上がった4.5%だった。これら3社のシェアは38.6%で、前月より4.2ポイント高まった。SNEリサーチは、中国産テスラモデル3(LG化学)、アウディのイートロン(サムスンSDI)など、韓国メーカーのバッテリーを搭載したモデルの販売量が増加し、シェアも上昇した。日本のパナソニックは下落を続けている。パナソニックの年間累積シェアは18.9%で、昨年同期より3.9ポイント下がった。今年7月の月別シェアも13.0%に止まった。

関連記事

[ 2020年09月29日 09:06 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp