韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  日本のスパコンが再び世界トップ、韓国は製作中のスパコンなし

日本のスパコンが再び世界トップ、韓国は製作中のスパコンなし

日本が開発したスーパーコンピューター「富岳」が再び世界最速の性能を認められた。新型コロナウイルスや人工知能(AI)の研究で重要インフラに浮上したスーパーコンピューター技術で日本が再びリードした形だ。富岳は16日、国際スーパーコンピューター学会(ISC)が発表した「世界上位500台ランキング」で1位となった。ISCは毎年6月と11月に計算能力を基準に上位500台のスーパーコンピューターのランキングを発表している。日本は今年6月、9年ぶりに1位の座を奪還したのに続き、王座を守った。富岳は6月の発表時点で1秒当たり41京5000兆回だった計算速度が今回は44京2000兆回に向上した。

2-4位はサミット(米国、14京8600兆回)、シエラ(米国、9京4640兆回)、神威・太湖之光(中国、9京3014兆回)の順だった。上位500台のうち国別では中国が212台で最多。以下、米国(113台)、日本(34台)、ドイツ(19台)、フランス(18台)が続いた。

日本をはじめ、米国、中国、欧州など主要先進国は4-5年前から毎年数千億ウォンをスーパーコンピューターの開発につぎ込んでいる。スーパーコンピューターがAI、新薬開発など未来産業の勝敗を左右するインフラとして定着したためだ。日本経済新聞によると、米国は来年にも「エクサ」級(1秒当たり100京回の計算能力)を備えた「オーロラ」を稼働する予定で、中国もそれに匹敵するエクサ級のスーパーコンピューターを稼働する計画だという。

スポンサードリンク
韓国は今回のISCによる調査で3台がランキングに入ったが、全て外国から購入したものだ。ランキング入りした台数は2018年の7台、19年の5台から減少している。韓国政府は22年までに独自技術によるスーパーコンピューターを製作することを目標に掲げるが、その段階では主要国のスーパーコンピューターとの性能格差が1000倍以上に広がるとみられる。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/11/18/2020111880004.html

2020-11-17-k005.jpg

2013年韓国科学技術情報研究院(KISTI)は、スーパーコンピューター開発の予算を確保するために予備妥当性調査の準備に着手したことを明らかにしている。これを基に未来創造科学部が企画財政部に予備妥当性調査を要請する。また、韓国製スーパーコンピューターの開発と活用システム構築の詳細企画も立てるとしていた。2015年に予算を確保し、19年までに国産スーパーコンピューター製作を完了したい考えだった。

開発に取り組むスーパーコンピューターは、ソウル大学の研究チームが手掛けた「チョンドゥン(雷)」をアップグレードしたものになるが、一部の部品だけでなく、中央演算処理装置(CPU)を除く全部品を国産化する予定としていた。CPUも米インテルなど海外製ではなく、サムスン電子製品を搭載する方策を積極的に検討していた。独自開発に成功すれば、開発に参加した民間企業を中心に実用化も推進し、長期的には輸出も念頭に置くとしたが…。

現在、韓国のスーパーコンピューターは海外製。従って独自技術は言葉だけで、いつになるのかは未定だ。

関連記事

[ 2020年11月18日 09:23 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp