韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  モデルナ社「5月から韓国にワクチン4000万回分供給」

モデルナ社「5月から韓国にワクチン4000万回分供給」

米国の製薬会社モデルナが「今年5月から韓国に新型コロナワクチンを供給することを決めた」と認めた。モデルナは先月31日(現地時間)にプレスリリースを出し、「我が社の新型コロナウイルス感染症ワクチン4000万回接種分を5月から供給する契約を韓国政府と結んだ」と明らかにした。

これは、疾病管理庁が先月30日、「今年4-6月期にモデルナからワクチン2000万人分(2回接種・4000万回分)の供給を受けることになった」と発表したものと一致する内容だ。モデルナは先月29日、韓国に対するワクチン供給を「協議中」とだけ言っていた。韓国政府は当初、モデルナのワクチンを1000万人分購入する計画だったが、量が2倍に増え、供給時期も7-9月期から4-6月期に前倒しされた。

モデルナのワクチンはまだ韓国で使用承認が出ていない状態だが、供給前でも必要な承認ができるよう、同社は規制当局と協力するとしている。モデルナのステファン・バンセル最高経営責任者(CEO)は「韓国政府はパンデミック(感染症の世界的大流行)に直面、この件が実現するように非常に迅速に動いた」「今回の契約はモデルナと韓国間の長期的・将来的な協業関係構築のための重要な第一歩になるだろう」と語った。

スポンサードリンク
これにより、韓国人が4-6月期に接種することになるのはアストラゼネカ、ヤンセン、モデルナという計3社のワクチンになる見通しだ。政府は、まずアストラゼネカのワクチン(1000万人分)、ヤンセンのワクチン(600万人分)をそれぞれ1-3月期と4-6月期に投入することで契約したと発表した。アストラゼネカは食品医薬品安全処が今年1-2月に承認した場合、早ければ2月から新型コロナ医療従事者やハイリスク群である高齢者らに優先的に接種されるものと予想される。ファイザーのワクチン(1000万人分)は7-9月期から韓国に入ってくる予定だ。政府は「(ワクチンを共同購入する国際的な枠組み)COVAX Facility(コバックス・ファシリティ)とは今年1-3月期からのワクチン導入を目標に交渉しているところだ」としている。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/01/02/2021010280011.html

2021-02-01-k002.jpg

モデルナは8月24日「欧州に8億回分を供給するため、欧州連合執行機関との協議が進展していることを確認する」と発表した。それから3カ月後の昨年11月25日「欧州連合が早期に8億回分の事前購入契約を承認したことを発表する」と説明した。協議から契約まで3カ月以上の時間を要している。

モデルナは日本と交渉を行っていた昨年8月28日「4000万回分を日本に供給するため、日本の厚生労働省と協議中であることを確認する」と発表した。その当日、コロナ関連の会見を行った当時の加藤厚生労働大臣はこれについて「モデルナとは現在交渉を行っている」としか明らかにしなかった。それから2カ月後の10月29日、最終契約が結ばれた後に厚生労働省は「契約を締結した」と発表した。青瓦台がモデルナとの協議について「合意した」という断定的な言葉を使ったこととは対照的だ。

韓国政府は、「韓国に2000万人分に相当する4000万回接種分のワクチンを供給することで合意した」と発表したが、これはモデルナが発表した内容とはかなりの温度差がある様だ。

関連記事

[ 2021年01月02日 09:11 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp