韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  国際 >  バイデン大統領、未接種者は「重病と死の冬」迎えると警告

バイデン大統領、未接種者は「重病と死の冬」迎えると警告

「ワクチン未接種の人は『重病と死の冬』を迎えることになる」

バイデン米大統領(写真)が16日(現地時間)、米国民にこのように警告し、直ちにワクチンを接種するよう促した。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の広がりを反映して感染者が最近急増しているためだ。

バイデン氏は同日、ホワイトハウスで、新型コロナ対策チームから報告を受けた後、「対策チームが明日、詳しく記者会見するだろうが、国民に私が直接メッセージを送りたい」とし、「あなたとあなた家族のためにワクチンを打たなければ、病院が近く(感染者で)圧倒されることになるだろう」と述べた。また、「ブースターショット(追加接種)を打とう。それが最も重要だ」と強調した。

米紙ニューヨーク・タイムズによると、15日基準、最近1週間の米国の1日の平均感染者数は12万1188人で、約2週間前(8万6565人)に比べて40%増加した。オミクロン株の感染事例が報告される前の先月(7万3390人)と比較して、1ヵ月半で65%以上増加した数値だ。米疾病対策センター(CDC)は、クリスマスの25日までの1週間には、感染者が1日平均18万5000人まで増加すると見通した。

スポンサードリンク
米CNNは17日、「新型コロナウイルスが米全国で猛威を振るい、新たな混乱を引き起こしている」と伝えた。このような状況であるにもかかわらずワクチン接種率が期待ほど上昇しないため、バイデン氏が「死の冬」という表現まで使って接種を促したのだ。米国ではワクチン接種対象の5歳以上の人口(約3億1200万人)の接種完了率が65.1%にとどまっている。接種対象者のうち約7200万人はまだワクチンを一度も打っていない。
https://www.donga.com/jp/east/article/all/20211218/3089629/1

2021-12-20-k003.jpg

大統領はホワイトハウスで新型コロナ対策チームから説明を受けた後、ワクチン接種を受けるべき時が来ていると発言。「われわれがそれを行えば経済の回復を守ることになるし、学校や企業は休まないで済むだろう」と訴えた。バイデン大統領はオミクロン株について、政権が講じた措置により国内への流入と感染拡大を遅らせることができたものの、「現在は国内に入って広がっており、増えるだろう」とした上で、従来株や他の変異株と比べて「はるかに速いペースで」拡散し始めていると述べている。

米疾病対策センター(CDC)のワレンスキー所長は今週、オミクロン株感染が既に全米の感染者の3%を占めており、ニューヨーク、ニュージャージー両州では13%に達しているとしている。大統領の首席医療顧問を務める米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のファウチ所長は16日、オミクロン株が数週間内に米国で主流になるとの見通しを示した。

関連記事

[ 2021年12月20日 08:07 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(1)
これは米国での話であって、他国でのそれではない。
(米国で起こることは、余所の国でも同じように起こるとは限らない)
特に、日本人の生体生理反応と欧米人のそれは、
同じ人間でも異なる部分があるという事実を知っておくべき
日本人はこれまで通りでいい
[ 2022/01/01 18:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp