韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  商品100個の輸出代金で87個の輸入可能、貿易条件が9年ぶり最悪=韓国

商品100個の輸出代金で87個の輸入可能、貿易条件が9年ぶり最悪=韓国

対外交易条件が11カ月連続で悪化し、9年3カ月ぶりに最低水準に落ち込んだ。国際原油価格など原材料価格の高騰で、輸入価格が輸出価格を大きく上回ったためだ。30日、中央銀行の韓国銀行(韓銀)によると、先月の純商品交易条件指数(2005年を100と基準)は87.69で、1年前に比べて7.4%下落した。同指数は、商品1個を輸出した金で買える輸入品の量を指数化したもので、先月は商品100個を輸出し、87.69個を輸入できたことを意味する。

純商品交易条件指数は11カ月連続の下落となり、2012年11月(86.88)以降、9年3カ月ぶりに最も低かった。1年間で輸入価格(21.9%)が輸出価格(12.8%)より大幅に上昇したためだ。

先月の輸入金額指数は148.55で、昨年同月比25.5%上昇した。15カ月連続の上昇だ。品目別では、石炭と石油製品が65.4%高騰し、鉱産品(44.8%)や農林水産品(35.0%)も大きく上昇した。韓銀の関係者は、「原油や天然ガス、石炭などの原材料価格が全般的に上昇し、鉱産品と石油製品を中心に輸入金額指数が上がった」と説明した。先月の輸出金額指数は128.34で、1年前より19.7%上昇した。
https://www.donga.com/jp/List/article/all/20220331/3284185/1

スポンサードリンク
原油と原材料の価格が大幅に上昇し、韓国の輸入額が1年前より30%以上高騰した。その一方で、輸出金額は輸入より低くなり、交易水準は10か月以上悪化している。韓国銀行が発表した「1月の貿易指数と貿易条件(ドル建て)」によると、先月の輸入額指数は166.70ポイント(2015年100ベース)で前年比34.4%上昇した。14か月間上昇傾向が続いている。ただ、上げ幅は1か月前の昨年12月(37.6%)より小幅に縮小した。

2022-04-03-k002.jpg

純商品交易条件指数は1年前より6.8%下がり、10か月連続下落した。全般的に輸入価格(21.9%)が輸出価格(13.6%)より大きく上がったためだ。純商品交易条件指数とは、輸出商品1単位の価格と輸入商品1単位の価格の割合で、韓国が1単位の輸出で、どれだけ大量の商品を輸入できるかが分かる指標だ。 この状況は今も継続中だ。

関連記事

[ 2022年04月03日 08:15 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp