韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  台風11号の影響で、浦項で生産される電気鋼板が供給難

台風11号の影響で、浦項で生産される電気鋼板が供給難

スポンサードリンク


台風11号「ヒンナムノー」の影響で浸水被害に遭ったポスコ浦項(ポハン)製鉄所の一部工程の稼動中断が長期化すると予想されることから、主な鉄鋼製品の供給先である自動車・造船業界が非常事態に陥っている。稼動中断の長期化に備えて新たな供給元を模索するなど、対応策作りを急いでいる。特に電気自動車のモーターに使われる電気鋼板は、国内では唯一浦項製鉄所だけが生産する品目であるため、代替品の調達に困難をきたす可能性が高い。鉄鋼製品価格と自動車価格の上昇につながる恐れがある。

15日に本紙の取材に応じた自動車・造船業界の関係者や専門家は、浦項製鉄所の稼動中断による影響についての質問に対し、「在庫を使って時間を稼ぎつつ、早急に供給元の多角化に取り組むべき」と述べた。浦項製鉄所は韓国国内の粗鋼(鋼鉄に加工される前の段階の鋼)生産量の30%(昨年)ほどを担っているが、台風11号で工場の大部分が浸水したため、高炉を除いた後工程の稼動が中断している。完全な正常化までには6カ月ほどかかる見通しだ。

スポンサードリンク

鉄鋼製品の供給先の中でも造船業は、夏休みと秋夕(チュソク。中秋節)連休には操業を停止していたため、厚鋼板の在庫が多く残っている。厚鋼板は船舶の建造に使われる厚い鉄板。現代重工業は現代製鉄から、大宇造船海洋とサムスン重工業はポスコから主に調達してきた。造船業界はすでに国外にも厚鋼板の供給元を確保している。

造船業界の関係者は「過去に厚鋼板の供給に困難をきたした経験があるため、量は多くはないものの日本や中国からも厚鋼板を輸入している。事態が長期化したら現代製鉄や海外からの調達量を増やせばよい。船舶建造を中断するまでには至らないだろう」と語った。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/44550.html

2022-09-16-k001.jpg

7日、台風11号が襲ったポスコ浦項製鉄所を眺める社員の表情は暗かった。サッカー場1245個分の敷地を持つ浦項製鉄所のあちこちが浸水した。製鉄所正門前の6車線は捨てられた乗用車で修羅場となった。 6日、浸水被害により、韓国を代表する産業施設である浦項製鉄所高炉(溶鉱炉)3基の稼動が一度に止まった。

高炉稼動が全て中断されたのはポスコが溶銑を初めて取り出した1973年以来初めてのことだ。 年間売上20兆ウォン(約2兆円)に達する製鉄所の稼動が止まり、韓国産業界に「超非常事態」に陥った。稼動中断が長期化すれば自動車·造船·家電など需要産業にも連鎖被害が予想されている。



関連記事

[ 2022年09月16日 08:11 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp