韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国政治 >  韓国製兵器輸出、過去5年間ロシアを追い抜き東南アジア市場で1位

韓国製兵器輸出、過去5年間ロシアを追い抜き東南アジア市場で1位

ロシア軍がウクライナ侵略戦争で苦戦していることにより、世界の兵器市場におけるロシア製兵器の退潮が予想される中、東南アジアではすでに韓国がロシアを抜いて武器供給で1位となっている。

2017年から2021年までの5年間のロシア製兵器の世界シェアは、その前の5年間に比べて5ポイント減の19%にとどまった。米「ニューヨーク・タイムズ」が6日(現地時間)にストックホルム国際平和研究所(SIPRI)の資料を引用して報じた。ロシア製兵器はシェアだけでなく、輸出量そのものも主な顧客であるインドとベトナムの需要減少により4分の1減少した。

ロシア軍需産業のこのような退潮は、ウクライナ戦争後、さらに急激なものになると予想される。ロシア軍がウクライナ戦争で苦戦を繰り返していることでロシア製兵器の信頼性に疑問が生じているうえ、米国と欧州の制裁が続いているため、ロシア軍需産業の生産能力と海外への供給能力も限られる可能性が高いからだ。SIPRIのシモン・ウェズマン氏は「ロシアは多様な兵器を開発する技術的基盤と経済を備えていない」と語った。

スポンサードリンク
専門家は、特に東南アジアがこのようなロシアの退潮を観察する有用な事例研究の対象になっていると指摘している。実際に2017年から2021年にかけて、韓国製の兵器は東南アジアの武器輸入の18%を占め、伝統的に兵器供給で1位を保ってきたロシアを追い越した。同期間に韓国はフィリピンとタイに軽攻撃機、訓練機、水上艦を、インドネシアには潜水艦を販売している。一方、インドネシアが11機のロシア製戦闘機の購入計画を昨年に取り消すなど、ロシアは輸出に支障を来たしている。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/45048.html

2022-11-08-k002.jpg

韓国製の兵器を買う国が増えている。韓国輸出入銀行によると韓国の防衛産業の輸出額は2021年に70億ドル(1兆円)と前年から倍増し、22年には20年比で3倍近い100億ドルを超す見通しだ。きめ細かな市場調査に基づく「オーダーメード型」の輸出で商機をつかんでいる。

今年1月にアラブ首長国連邦へのミサイル迎撃システムの販売が決定した。これだけで約4000億円の契約。そして7月27日にはポーランドとの契約を発表。その内容は、K2戦車を180台、K9自走砲を648台。さらにFA-50戦闘攻撃機を48機という、約1兆円を超える大型契約だ。今後、数年間の各種アップデート、弾薬・砲弾の販売を含めると、総額で2兆円を超える規模となる。

パワーパックの自国生産をいったん停止し、ドイツ製のパワーパックを導入。これで一気に走行性能が向上した。この他国にはない方向転換が韓国の兵器開発の強い部分と言える様だ。

関連記事

[ 2022年11月08日 07:55 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp