韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  外国人投資家が中国株離れ、韓国市場にシフトし電池・半導体株を大量買い

外国人投資家が中国株離れ、韓国市場にシフトし電池・半導体株を大量買い

スポンサードリンク


外国人投資家が韓国株式市場で電池・半導体銘柄を中心に株式を大量に買っている、と韓国紙が伝えた。米中対立の激化で恩恵を受けると期待される業種を中心に外国人の買い攻勢が集中。中国の習近平国家主席による3期目の体制発足後、外国人投資家が中国株式市場を離れ、韓国株式市場にシフトしているとみられる。

朝鮮日報によると、韓国取引所のデータで外国人は直近の1カ月(10月4日~11月4日)にメインボードの有価証券市場だけで4兆5425億ウォン(約4780億円)の株式を買い越した。外国人は今年上半期だけで16兆ウォンを売り越し、株価下落を主導した。外国人投資家離れで韓国総合株価指数(KOSPI)は年初来21%下落した。しかし、外国人の資金が戻り、KOSPIも反発し始めた。10月以降、外国人の買い越しでKOSPIは1カ月で9%上昇した。

最近1カ月で外国人投資家は半導体関連株を集中的に買っている。米中対立、中台関係緊張などで台湾積体電路製造(TSMC)や中国の半導体関連銘柄から流出した資金が韓国の半導体メーカーに流入したとされる。

スポンサードリンク

米インフレ抑制法(IRA)で恩恵を受けるとみられる電池関連株にも資金が集中している。来年米中貿易紛争が激化し、IRAが大きな変更なく施行されるとの見方が優勢だからだ。IRAは電池セルだけでなく原材料についても、補助金支給対象を中国以外で生産したものに限定している。外国人による直近1カ月の主な買い越し銘柄は、サムスンSDI(9327億ウォン)、LGエナジーソリューション(6861億ウォン)、ポスコケミカル(1522億ウォン)―などだ。同じ期間に株価はサムスンSDIが32%、LGエナジーソリューションが33%、ポスコケミカルが36%それぞれ上昇した。
https://www.recordchina.co.jp/b904201-s39-c20-d0059.html

2022-11-11-k002.jpg

外国人投資家が韓国株式市場で電池・半導体銘柄を中心に株式を大量に買っている。米中対立の激化で恩恵を受けると期待される業種を中心に外国人の買い攻勢が集中している。中国の習近平国家主席による3期目の体制発足後、外国人投資家が中国株式市場を離れ、韓国株式市場にシフトしている。

最近1カ月で外国人投資家は半導体・電池関連株を集中的に買っている。米中対立、中台関係緊張などで台湾積体電路製造(TSMC)や中国の半導体関連銘柄から流出した資金が韓国の半導体メーカーに流入したとみられる。米インフレ抑制法(IRA)で恩恵を受けるとみられる電池関連株にも資金が集中している。来年米中貿易紛争が激化し、インフレ抑制法が大きな変更なく施行されるとの見方が優勢だ。



関連記事

[ 2022年11月12日 08:09 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp