韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  米中貿易紛争で韓国の対米輸出に利益

米中貿易紛争で韓国の対米輸出に利益

米国と中国の貿易紛争が韓国の対米輸出に肯定的な影響を与えているという研究結果が出た。

韓国貿易協会国際貿易研究院は12日、「米中貿易紛争の輸出影響」と題する報告書を通じ。「制裁品目を基準として米国の対中輸入は前年同期より24.7%減ったが対韓輸入は25%増加した」と明らかにした。米国は昨年7月から4回にわたり中国からの一部輸入品に最大25%の関税を課している。

米国が中国からの輸入品に制裁を加え最大の利益を得た国としては台湾、ベトナム、韓国などが挙げられた。米国の対中制裁品目輸入市場で韓国のシェアは昨年1-3月期の3.4%から今年1-3月期は4.1%に上昇したと貿易協会は説明した。この報告書は「米中貿易紛争が続けば自動車と半導体、家電、携帯電話など韓国製品のシェアが高い品目を中心に利益を期待できる」と予想する。

スポンサードリンク
全国経済人連合会がこの日主催したセミナーでは米中貿易紛争を契機に対中投資の機会をつかまなければならないという意見が提示された。対外経済政策研究院のチャン・ピョンソプ世界地域研究センター所長は「貿易紛争を契機に新たな産業に参入する機会が生まれるかもしれない」と予想した。
https://japanese.joins.com/

2019-06-13-k002.jpg

韓国は米国からの輸入が増加しており、2018年の貿易額が、韓米貿易は13兆円規模だが、貿易収支は減少し、1.39兆円規模である。従って直近の2年は、日韓貿易のマイナス分を、韓米貿易で相殺するという状態ではない。マイナス分は取り戻せないでいる。これは米国からの輸入増加による。2011~2015年の対米貿易黒字増加分の55.9%が自動車で、増加分の半分以上を自動車が占めている。第2位の自動車部品が12.5%で、自動車関連品目が対米貿易黒字増加分の7割弱を占めた。自動車の貿易黒字増加は、対米自動車輸入増をはるかに上回る勢いで対米自動車輸出が増加した。 

一方、2015~2018年の貿易黒字減少分の37.6%が自動車の貿易黒字減、36.3%が原油の貿易赤字増に起因している。従って米中貿易戦争云々で韓国有利かという事については、そう簡単ではない。

関連記事

[ 2019年06月13日 12:24 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp