韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムライが刺したのは、韓国半導体「未来のこの笑い」

サムライが刺したのは、韓国半導体「未来のこの笑い」

サムスン電子の未来であるファウンドリー(半導体受託生産)事業が日本の奇襲攻撃を受けた。4日から日本が半導体生産に欠かせない素材の輸出を審査期間90日の許可制としたことを受け、23日時点でEUV(極端紫外線)工程用のフォトレジスト(感光液)の輸入ができなくなっているからだ。

当初半導体業界は日本の輸出規制が韓国の主力であるDRAMを狙ったものだと受け止めていた。しかし、実際にはDRAMやNAND型フラッシュメモリーなどメモリー半導体の生産に必要なフォトレジストの供給は正常で、ファウンドリーで使われるEUV用フォトレジストの供給がストップした。

EUV工程は半導体ウエハーに従来の波長よりもさらに精密な光を使って半導体を製造するものだ。サムスン電子はEUV工程を採用した7ナノメートル製造プロセスで半導体を生産しており、ファウンドリー分野で首位の台湾積体電路製造(TSMC)を追い上げている。しかし、日本による規制でEUV用フォトレジストが正常に供給されなくなり、ファウンドリー事業に赤信号がともった。半導体業界からは「日本がサムスンのファウンドリー事業を狙い撃ちしたものだ」との声が漏れる。半導体業界関係者は「サムスン電子のEUV工程を通じたファウンドリー事業の成長は韓国の半導体の未来だ。日本は現在の韓国の半導体事業ではなく、未来の半導体事業を狙ってきた」と指摘した。

スポンサードリンク
世界の半導体市場はDRAM、NAND型フラッシュメモリーなどメモリー半導体とCPU(中央処理装置)、モバイルAP(アプリケーション・プロセッサー)、それを生産するファウンドリーなどシステム半導体(非メモリー)市場に分かれる。市場全体に占める割合はメモリー半導体が30%、システム半導体が70%だ。システム半導体分野は設計のみを専門とする「ファブレス」企業と設計通りに生産のみを行うファウンドリー(受託生産業者)に分かれる。昨年の全世界のファウンドリー市場規模は710億ドル(約7兆6800億円)に達する。サムスン電子はDRAMとNAND型フラッシュメモリーなどメモリー半導体市場で首位だ。しかし、システム半導体市場ではトップではない。
http://www.chosunonline.com/

2015-01-08-sa-1.jpg

サムスンともなれは、初期に高純度フッ化水素を得る工場の視察は済ませているだろう。従って日本企業三社の工場見学或いは監査を実施していると考えれば、対応策がある程度固まって入るだろうと考えるのが自然だ。また高純度フッ化水素が一カ月以上持たないという話があるが、フッ化水素製造後、船便で米国に送ることを考慮すれば、かなり長い期間の保管が可能な技術があると考えるべき。一般的に日本企業が特許で包囲網を組む時には、製造方法もさることながら、その保管方法までの一連工程を特許で囲う事を実施している。でないと特許違反しても確認が難しい。企業秘密であるから期間は明確にしていない。

製造時のフッ化水素の純度は、規格値よりもさらに高いはず。保存による劣化も想定しているはずで、自社での在庫期間も明確に規定があるはず。輸送或いは保存期間も考慮しているはず。サムスンが一カ月保存しているという事は、その期間は問題なしとしているわけで、3社購買で順次毎月輸出申請すれば問題は無い。3社の初期評価は終えているだろう。韓国企業は日本のかなり小さい企業まで巡回している。技術を要する部分は日本中小企業が大半となる。

関連記事

[ 2019年07月28日 12:17 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp