韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  韓米首脳会談で質問の返答を独占したトランプ大統領…文大統領は答弁ゼロ

韓米首脳会談で質問の返答を独占したトランプ大統領…文大統領は答弁ゼロ

23日午後5時30分(現地時間)、米ニューヨークのインターコンチネンタルバークレーホテルで開かれた9回目の韓米首脳会談でまた「トランプ式ワンマンショー」が登場した。首脳会談に先立ち文在寅(ムン・ジェイン)大統領とトランプ大統領の冒頭発言は通訳を通じて10分5秒ほど進行された。両首脳の冒頭発言が終わった後、4分間ほど記者と17件の問答をする間、トランプ大統領が答弁を独占する場面が演出された。文大統領が答える機会は一度もなかった。

トランプ大統領が文大統領への質問を横取りするような場面も見られた。「北朝鮮の短距離ミサイル発射について懸念しているのか、文大統領の意見を聞きたい。文大統領はあなた(トランプ大統領)が金委員長に(短距離ミサイル発射を)中断すべきと話すことを望んでいるのか」という質問でだ。最近の北朝鮮の相次ぐ短距離ミサイル挑発に対する文大統領の意見を尋ねたのが先だが、トランプ大統領は文大統領に目を向けることもなく答弁を始めた。「金正恩委員長とはそのような問題について議論しなかった」とし「核実験とほかのことについては議論をした。金正恩委員長は自分の約束を守ってきた」と話した。そして「私が大統領でなかったとすれば、今ごろ北朝鮮と戦争をしていただろう」と言って問答を終えた。トランプ大統領が一方的に会見を終了させ、文大統領は答えるタイミングを逃した。

4分間ほどの質問時間のうち「銃規制に関する計画を発表するのか」「バグダッドのグリーンゾーンにロケット2発が落ちたが、中東で(緊張が)高まると思うか」など韓米首脳会談とは関係がない質問もあり、トランプ大統領がこれに答える状況が続いた。

スポンサードリンク
トランプ大統領はこの日、「制裁のような行動(action)を北朝鮮の非核化の前に置くのが(トランプ大統領が言及した)新しい方法(new method)のアプローチか」にという質問に対しては「行動は考慮していない。金正恩委員長との関係は良い」とだけ答えた。「制裁のような行動」を軍事行動(action)と聞き間違えて返答したのだ。 トランプ大統領は4月11日にワシントンのホワイトハウスで開かれた韓米首脳会談でも、29分間の冒頭発言で14件の質問を独占し、文大統領が隣で聞き続ける状況が演出された。昨年5月の韓米首脳会談ではトランプ大統領が36分間の「記者会見ワンマンショー」をし、文大統領との単独会談が当初の30分から21分に短縮された。
https://japanese.joins.com/

朝鮮日報とニュアンスがだいぶ違う。中央日報はいきなり、9回目の韓米首脳会談でまた「トランプ式ワンマンショー」が登場したという言葉から、前回とさほど変わりが無いようだと報じた。 一方の朝鮮日報は、韓米首脳会談で韓日の対立問題は議題に上らなかったとし、トランプ大統領がGSOMIAなどについて言及しなかったのは、いずれも米国の同盟である韓日両国にとって敏感な問題になっているためとみられると伝えている。文大統領も米国の難しい立場に配慮し、「韓日両国の懸案は韓国政府が自ら解決する」との認識に基づき、言及しなかったとみられると報じている。

だが中央日報では報じていない。韓国各紙それぞれ掲載に悩んだようだが、結果からしたら文氏の発言は殆どなくトランプ大統領主導で終わったという事だろうか。お土産に持って行った米国工場の投資話はどうしたのだろうか。 夕刊フジでは、韓国の文在寅大統領の最側近で、そのスキャンダルの多さから“タマネギ男”と称されるチョ国法相の自宅をソウル中央地検が23日、家宅捜索し、現職法相の自宅に強制捜査が入ったという韓国では初めての出来事を大きく取り上げている。

文氏の周りは、次第に孤立感が強くなっている。米国内への投資という土産も意味なく終わりそうだが、韓国大統領周辺の出来事として自身の問題もあり、外交どころではなかったという事だろうか。そもそもこの状態は予測されていただろうし、トランプ氏にとって文氏とはなすネタはなかったという事だ。結局文氏の気持ちはより北朝鮮に揺れるだろう。いずれにしても日米に牙をむいた文氏では、低迷する韓国経済を含め、助ける国は無いという事は確かなようだ。

関連記事

[ 2019年09月24日 18:46 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp