韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  国慶節連休の中国人観光客の自由旅行、最大の勝者は日本

国慶節連休の中国人観光客の自由旅行、最大の勝者は日本

日本では中国の国慶節(建国記念日、10月1日)連休期間に消費税率が8%から10%に上がり、為替相場も変動したが、日本へ旅行に行きたいという中国人観光客の意欲が削がれることはなかった。第一財経が伝えた。

東京の銀座では、中国人観光客のツアーをあちらこちらで見かけた。

中国の国慶節連休に合わせ、目端が利く日本企業は「国慶節セール」と銘打った人目を引く広告を打ち出した。中国人消費者の間で人気の高いドラッグストアでも老舗の大手デパートでも、赤い色で縁起のいい言葉を書いたマークがあちこちに張り出され、ここは中国大都市の商業エリアかと思うほどだった。 オンライン旅行会社・携程旅遊網がこのほど発表した「2019年国慶節観光帳簿」をみると、今年の国慶節連休には日本が自由旅行市場の最大の勝者になった。

データによれば、今年の国慶節連休に携程を通じて日本への団体ツアーか自由旅行を予約した中国人観光客は前年同期比約30%増加した。携程の自由旅行部門の責任者・黎娜さんは、「非常に成熟した人気目的地が30%もの伸びを達成するのは特筆すべきこと」と指摘した。

スポンサードリンク
ここ数年、日中間の観光客の往来が頻繁になるにつれ、かつてのような「爆買い」現象は徐々になりを潜めている。日本で旅行会社を経営する中国人の呂さんは「最も印象深いこと」として、「数年前の団体ツアーで海外に出かけ、ひたすら買い物をするのとは違い、最近はより多くの中国人観光客が自由旅行スタイルを選んで日本を体験するようになった」と述べた。
https://news.livedoor.com/

2019-10-12-k005.jpg

何度も日本を訪れる「リピーター客」は高止まりし、彼らはニッチな観光目的地に行き、日本の文化を深く体験することを臨むとし、日本は今年の国慶節連休で最も人気のある旅行先になり、1回の旅行で使う金額は平均6879元(約10万4000円)だったという。また日本旅行の人気の背景には、日本ビザの申請手続きの簡略化の効果も大きく、日本は今年7月30日から、日本を訪れる団体ツアーの中国人観光客を対象にした一次ビザのオンライン申請手続きをスタートし、この電子ビザは将来、適用範囲がさらに拡大されるとの事。

韓国からの訪日観光客は減少したが、日本への団体ツアーか自由旅行を予約した中国人観光客は前年同期比約30%増加したというから、十分補える数値だろう。18年には日本を訪れた中国人観光客は838万人に達し、全体の26.9%を占め、総消費規模も1位で、1兆5450億円に達している。

関連記事

[ 2019年10月12日 09:24 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp