韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  武漢市を離れたのは500万人、一体どこへ向かったのか

武漢市を離れたのは500万人、一体どこへ向かったのか

中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎が拡大する中、武漢市を離れた人がすでに500万人を超えると報じられた。中国メディアのIT之家は27日、彼らはどこへ向かったのかとしてその行先について伝えた。

26日夜、湖北省人民政府による記者会見で、周先旺(ジョウ・シエンワン)武漢市長が、春節(旧正月)と新型コロナウイルスの感染を避けるために、すでに500万人以上が武漢市を離れたと明らかにした。

記事は、「武漢市は外部から人口が流入する都市だ」とし、こうした人たちが春節の時期に帰省のため武漢市を離れるのは当然の流れであるとの見方を示した。その上で、「百度地図慧眼移動」のビッグデータによると、1月23日の武漢市封鎖前の同月10日から22日の春節特別輸送体制期間中、武漢市を離れた人の6~7割が湖北省内の別の都市へ移動しており、次いで河南省、湖南省、安徽省、重慶市、江西省が多かったと伝えた。

都市別に見ると、湖北省内の都市以外では、武漢から信陽、重慶、長沙、北京、上海、鄭州へ行く人の割合が比較的高く、湖北省内では孝感と黄岡が最も多かったという。

スポンサードリンク
また、フライト管理統計によると12月30日から1月22日までの期間中、国内線での行先トップ10は順に北京、広州、成都、海口、昆明、アモイ、深セン、上海、三亜、南寧だった。国際線では、タイへの便が最も多く、次いでシンガポール、東京となった。
https://www.recordchina.co.jp/b617653-s0-c30-d0062.html

2020-01-28-k008.jpg

コロナウイルスは通常、動物を中心に感染する。ヒトにも感染するコロナウイルスは何種類かあり、風邪を引き起こすものもあれば、2003年に数百人が死亡した重症急性呼吸器症候群(SARS)ウイルスなども含まれる。今回発見された2019-nCovは、深刻な急性呼吸器感染症(ARI)を引き起こし、熱や空ぜきが1週間続いた後、息切れなどの症状を起こす。現在、このウイルスに特化した治療薬やワクチンはない。

新型ウイルスの流行は、中国の春節(旧正月)の時期と重なった。この時期は通常であれば、1年で最も人の移動が多い期間のひとつとされる。中国政府は流行の拡大を防ぐため、春節の休暇を2月2日まで3日間延長すると発表した。人口1100万人の武漢から近隣の都市や地域に広がっているが、患者の数は少数だ。25日までに、中国全域で感染者が確認された。香港当局は、香港出身者以外の湖北省からの訪問者を受け入れない措置を取っている。

現在、確認されているのは日本、台湾、タイ、ヴェトナム、シンガポール。また、オーストラリアやアメリカ、フランスでも患者が見つかった。アメリカは現在、武漢にいる領事館職員の撤退を行っている。日本とイギリスも、武漢に滞在している自国民の帰国措置を考えているという。
[ 2020年01月28日 09:29 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp


スポンサードリンク