韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の経済成長率、OECD加盟国で1位…日本は?

韓国の経済成長率、OECD加盟国で1位…日本は?

経済協力開発機構(OECD)が11日、韓国経済に関する報告書を公表し、6月のマイナス1.2%からマイナス0.8%へと上方修正した。OECDは、韓国が新型コロナウイルス感染症拡大を抑制したと評価。OECDが成長率を上方修正したのは加盟国の中で韓国が唯一だ。

OECDは11日、「韓国経済報告書(OECD Economic Surveys:Korea 2020)」を発表。OECDは2年周期で加盟国の経済動向・政策などを総合的に分析・評価し、政策勧告事項も含めた国別検討報告書を出している。 今年の成長率展望値がマイナス0.8%に上方修正された韓国は2位のトルコ(マイナス4.8%)に4ポイント差をつけ、OECD加盟国のうち圧倒的1位だった。 以下、日本(マイナス6.0%)、ドイツ(マイナス6.6%)、カナダ(マイナス8.0%)、イタリア(マイナス11.3%)、フランス(マイナス11.4%)、英国(マイナス11.5%)、37カ国・地域の展望値平均(マイナス7.5%)とは大きな差がある。

これは、「世界経済を危機に陥れている新型コロナウイルス感染症に韓国が最もうまく対応している」とOECDが評価しているということだ。 OECDは今回の報告書で「迅速かつ効果的な防疫措置により、韓国は新型コロナウイルス感染症を最もうまく抑制した」とたたえている。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/08/18/2020081880148.html

スポンサードリンク
2020-04-15-k002.jpg

そもそも韓国経済成長率は低下しており、高齢化社会のみならず、自国企業の成長戦略鈍化で輸出減少となり、売れる商品が大きく低下している状態である。そもそも低迷している中での新型コロナウイルスによる影響度は比率でいえば小さくなるのは当たり前。今年の成長率は加盟国の中で最も小幅なマイナスにとどまることになり、これに対し米国は7.3%、日本は6.0%のマイナス成長が見込まれている。OECD加盟国の平均はマイナス7.5%と記事掲載されているが、輸出量が減少してきただけでなく、内需縮小に加えて、国内消費も低下した状態で、ウイルス感染となったわけで、決して喜べる状態ではない。

まして自国政府が公的資金投入を続けており、すぐに税金は不足し、負債だけが大きく拡大することになる。海外から金が入ってこない韓国は、政府負債増大は死活問題。対応策は無いだけに、時間稼ぎだけでしかない。さらに日本企業が韓国企業へ発注を止めた時点で、韓国中小企業は倒産の嵐となり、自国経済は破綻する。

関連記事

[ 2020年08月21日 08:17 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp