韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  グローバル・サプライチェーン時代、尿素水問題の根本的解決策は?

グローバル・サプライチェーン時代、尿素水問題の根本的解決策は?

中国が韓国と契約済みの尿素1万8700トンに対する輸出手続きを進めるという意向を表明したことが報じられ、この数週間に大韓民国を騒がせた「尿素水問題」は、沈静化する局面に入る見通しだ。今回の騒動は、「グローバル・サプライチェーン」(global supply chain)に深く編入された韓国経済の脆弱性をふたたび示した重大な事態だが、関係各国との友好的な関係を維持する以外には、適切な解法策を見いだすことは容易ではない。

今回の問題は、中国の海関総署(韓国の関税庁に相当)が先月11日に発表した短い公告を通じて始まった。この公告により、4日後の15日から尿素など29の物質が、以前にはなかった輸出検疫を受けることになった。これを事実上の「輸出禁止」措置だと受けとめた韓国では、尿素水の品薄というパニック現象が起きた。特に、尿素水を持続的に供給しなければならない排出ガス低減装置を装着した貨物車両が運行を止めれば、“物流の毛細血管”が詰まるという恐怖が広がり、経済全体が非常事態になった。中国の石炭と電気の需給の不均衡が、韓国経済を脅かすバタフライ効果を発生させたのだ。

省みると、過去10年ほどの間、東アジアではこれに似た騒動が繰り返されてきた。2009年まで全世界のレアアースの供給の97%(日本の全体輸入の92%)を占めた中国は、2010年9月に尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐる中国と日本の領土紛争が始まると、ただちに輸出を中断する報復措置を敢行した。その後日本は、レアアースの「戦略的重要性」を認識し、アジアやアフリカなどへの輸入先の多角化を試みた。

スポンサードリンク
国立外交院外交安全保障研究所のキム・ヤンヒ経済通商開発研究部長は、7月に出した報告書で、「輸出規制を受け、3品目だけでなく韓国による素材・部品・装置全体の日本からの輸入が減少したが、2020年にはふたたび増加し、対日輸入の強い経路依存性を示している」と指摘した。韓国政府が定めた100大素材・部品・装置の重要品目の今年1~5月の対日輸入依存度は、2年前の31.4%から24.9%に下がったが、フォトレジストの対日依存度は今もなお90%を超える。

長期間にわたり自然に形成されたグローバル・サプライチェーンを人為的に調整することは容易ではないことを示す例だ。重要戦略物資の輸入先多角化は重要だが、特定国への依存度が高い品目(80%以上が3941個)のすべてに対応するのは初めから不可能だ。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/41663.html

2021-11-11-k001.jpg

中国のレアアース、日本の輸出規制と、今回の「尿素水問題」は初めでは無い。グローバル・サプライチェーンの調整は極めて難しく、数千の品目すべてに対する対応は不可能。関係各国との友好的な関係を維持する以外に、適切な解決策を見いだすことは難しい。中国メディアは韓国の尿素水品薄問題を伝えながら、尿素水原料の中国への依存度が高いという事実を強調している。

尿素水品薄を事前に認知していながら、あらかじめ準備することができなかった韓国政府への不満が加速している。中国国営成都テレビが運営するインターネットメディアの神鳥知訊は、韓国が特定分野の危機を迎えるのは自業自得で、中国と何の関係もないと伝えている。そのうえで、国家経済と国民生活に関連した重要な戦略資源を自給自足したり備蓄体制を構築していなかったことが要因とした。 

また日本メディアは、半導体輸出規制当時と同じと伝えている。

関連記事

[ 2021年11月11日 08:19 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
外交イシュー
ビジネス社会は、顧客への供給責任で成り立つ。尿素水がこないと
困るのは韓国の輸送業者。輸送業者は努力したのだろうか。
いきなり外交イシューに持ち上げられて、中韓の取引アイテムに
扱われた。問題解決がドタバタでスマートではない。

面倒だから、無策で放置して、大きく騒がれる問題には
手を打つ、というのは政府の政策としてはひとつのやり方だろう。
[ 2021/11/11 14:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp