韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  キア、英国進出31年で月間販売台数1位に

キア、英国進出31年で月間販売台数1位に

キアが英国自動車市場に進出してから31年ぶりに、初めて月間販売台数で1位となった。9日(現地時間)、英自動車工業協会によると、キアは先月、英国で前年同期比67.5%増の1万504台を販売した。アウディ(8567台)やフォルクスワーゲン(8514台)はもとより、BMW(8380台)やトヨタ(8030台)などを全て抜いた。市場シェアは9.1%だ。現代自は5624台を販売して9位となった。

キアが、英国で月間販売台数基準でトップについたのは、1991年にこの市場に進出して以来初めてのことだ。英国市場での善戦は、スポーツ・ユーティリティー・ビークル(SUV)の「スポーティージ」と「ニーロ」がリードしている。先月販売を開始した「スポーティージ」は、1カ月で計3458台が売れた。個別車種の販売台数基準では1位だ。現地でのエコカーの需要が増え、「ニーロハイブリッド」や電気自動車モデルの販売台数は2372台と集計された。新型電気自動車のEV6も、600台以上が販売された。

キア車は、現地の専門家からも高い評価を受けている。EV6は先月、英国専門誌「ワットカ-」から「今年の車」に選ばれた。ソレントハイブリッドは、自動車専門メディア「カーバイヤー」から最高の大型ファミリーカーに選ばれた。キアの英国法人のポール・フィルフォット代表は、「昨年夏から、キアモデルに対する需要が拡大している。今後も販売は伸び続けるだろう」と明らかにした。
https://www.donga.com/jp/List/article/all/20220210/3194284/1

スポンサードリンク
英自動車工業会(SMMT)によると、起亜は1月に英国市場で前年同月比67.5%増の1万504台を売り上げ、アウディやフォルクスワーゲン(VW)を抜いて首位に躍り出た。市場シェアも過去最高の9.1%を記録した。アウディは8567台(7.4%)、フォルクスワーゲンは8514台(7.4%)でそれぞれ2、3位を占め、BMWが8380台(7.3%)、トヨタが8030台(7.0%)で後に続いた。

2022-02-11-k005.jpg

起亜の親会社である現代自動車は、前年同月比81.5%増の5624台(4.9%)で9位につけた。 1月の英国市場での自動車販売台数は計11万5087台で、前年同月比27.5%増加した。スポーツタイプ多目的車(SUV)の「スポーテージ」と「ニロ」がけん引した。スポーテージの1月の販売台数は3458台、ニロは2372台で、車種別でそれぞれ1位、3位となっている。英国では電気自動車(EV)の産業需要が高まっており、「ニロEV」「EV6」など競争力のあるEVを前面に押し出して現地市場を攻略した点が功を奏したと分析される。 


関連記事

[ 2022年02月11日 08:53 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
販売数はさておき、販売価格を知りたいところ。欧州では、ウィルス騒動の長期化で、自家用車を購入するユーザーが増えているようだ。
[ 2022/02/11 13:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp