韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  国際 >  バイデン大統領「ロシア産原油の輸入禁止」…プーチン大統領の戦争資金源封じへ

バイデン大統領「ロシア産原油の輸入禁止」…プーチン大統領の戦争資金源封じへ

バイデン米大統領は8日(現地時間)、ウクライナを侵攻したロシアに対する制裁措置として、ロシア産原油・天然ガス・石炭の輸入を禁止すると公式発表した。バイデン大統領はこの日、ホワイトハウスで演説し、同盟と緊密に協議して決定したと明らかにした。

バイデン大統領は「米国はロシア経済の主な動脈をターゲットにしている」とし「ロシア産原油とガス、エネルギーの輸入を全面禁止する」と述べた。続いて「これはロシア産原油がもう米国の港で受け入れられないことを意味する」とし「米国人はプーチンの戦争マシンにもう一つの強力な打撃を加える」と説明した。 バイデン大統領はこの日の措置を米国独自の行動だとし、同盟が参加できないことを理解すると話した。当初、米国は欧州同盟国とエネルギー制裁カードを議論してきたが、ドイツなどロシアへの依存度が特に高い一部の欧州の国は反対の意思を表した。英国はバイデン大統領の公式発表の直前、今年末まで段階的にロシア産原油の輸入を中断していくと発表した。

バイデン大統領は「自由を守ることには費用がかかる」とし、今回の措置には米国の負担が伴うだろうと説明した。しかし「共和党、民主党ともにこれをしなければならないことを知っている」とし、ロシア圧力という目標で団結していると明らかにした。

スポンサードリンク
原油の輸出はロシア経済の核心要素だ。昨年のロシアのエネルギー輸出額は2350億ドルで、GDP全体の14%にのぼる。ロシアのオイル・ガス生産はGDP全体の40%程度。ロシア産原油・ガスの輸入禁止は最も致命的な経済制裁措置と評価される。ただ、こうした措置は国際市場の原油サプライチェーンにも影響を与え、原油価格の急騰で一般消費者が受ける被害も大きいという懸念があった。

米国の輸入原油のうちロシア産が占める比率は約3%だ。ガソリン・ディーゼル生産に必要な燃料油など石油製品まで含む場合は8%となる。その間、米国はロシア原油輸入を禁止する場合、代替原油を確保するためにベネズエラ経済制裁緩和、核合意(JCPOA)妥結時のイランの原油輸出再開、中東の原油増産、米国の独自増産などを検討してきたという。
https://japanese.joins.com/JArticle/288600?servcode=A00§code=A00

2022-03-09-k003.jpg

バイデン米大統領は8日、ロシアによるウクライナ侵攻を受けた制裁の一環として、米国への露産原油、天然ガスなどの輸入を禁止し、ロシアの主要外貨収入源に打撃を与える狙いがある。エネルギー価格への影響は避けられず、バイデン政権は今後、市場の安定化に向け同盟・パートナー諸国やロシア以外の産油国などとの調整を加速させる考えだ。

欧州連合(EU)欧州委員会は同日、露産天然ガスの需要を年末までに大幅に削減し、2030年までに同国へのエネルギー依存からの脱却を目指すとした。英メディアによるとジョンソン英政権も露産原油の輸入を一定期間後にゼロとする計画だ。露産原油をめぐり、ウクライナのゼレンスキー大統領は国際社会に禁輸を強く呼びかけていた。

関連記事

[ 2022年03月09日 08:04 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(1)
身内が一番
いろんな組み合わせで二国間協議をやったが、
まとまらない。
仏ロはフランスにカードがない。米独は総論賛成だけ。
バイデンは自国の策を言うだけで、米国が買わなくても
ドイツがガスを買う。
旧共産圏で、現在NATOのポーランドがウクライナへ
戦闘機を貸し出す。古いMIG機だが、これが一番真面目な
協力だろう。
[ 2022/03/10 14:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp