韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国社会 >  韓国、全国民対象にコロナワクチン4回目接種?…韓国政府「秋冬の再流行に備え検討」

韓国、全国民対象にコロナワクチン4回目接種?…韓国政府「秋冬の再流行に備え検討」

韓国の防疫当局が、秋と冬に新型コロナウイルス感染症の再流行する可能性に備えた追加ワクチン接種計画を検討していると明らかにした。 中央防疫対策本部(防対本)のイ・サンウォン疫学調査分析団長は5日、定例会見で、「ワクチン接種は常に必要である。ワクチンの効果が現在まで保たれているが、弱体化する可能性もあり、秋季は季節的な影響によって再び流行が発生する可能性もある」とし、「4回目接種のほか、秋冬シーズンの再流行の可能性に備えて接種計画を検討している」と述べた。

追加接種の必要性に対する根拠として、イ団長は「追加接種と定期接種など、今後新型コロナ予防接種計画の樹立が必要だ」という日常回復支援委員会防疫・医療分科から出た意見を伝えた。

これは最近、ワクチン接種率の停滞期が続き、使用期限が切れてワクチンが廃棄される問題が発生したという指摘によるものだ。国民の力のソ・ジョンスク議員が入手した「新型コロナワクチン廃棄現況」によると、昨年2月以降国内で廃棄された新型コロナワクチンは累積233万2889回分で、このうち今年1月1日から3月22日までに廃棄されたのは64万1368回分だ。これまで廃棄されたワクチンのうち、モデルナ製ワクチンが168万8990回分で最も多く、ファイザー(33万9684回分)、アストラゼネカ(25万8090回分)、ジョンソンエンドジョンソン(4万5915回分)、ノババックス(210回分)の順だった。

スポンサードリンク
新しい変異株に対するワクチンの接種効果と関連し、イ団長は「変異株によって、ワクチンの効果には大きな差がある」とし、「(ワクチンが)全く効かないウイルスの出現も考えられるが、かなりうまく適応できるウイルスが登場する可能性もある」と説明した。さらに「これについて持続的に分析しており、変異株についてモニタリングを行っている」とし、「総合的に分析し、反映して予防接種計画を立てていく」と強調した。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/43064.html

2022-04-06-k002.jpg

日本政府は、自治体が新型コロナウイルスワクチンの4回目接種に向け動き出した。3回目接種が途上なのに、5月に始まるとの臆測もある。時間がたつとウイルスに立ち向かう抗体の量が減っていくとの理由だけで、開発当初は想定していなかった「頻回接種」をしても大丈夫か。免疫学の専門家からは慎重さを求める声があがる。

3回目までと同様に無料で行う方針で、夏ごろに始まる可能性がある。厚生労働省は対象として3回目接種者全員を想定するが、「高齢者らの重症化予防を目的とすべきだ。一律接種は不要」と指摘する専門家もいる。新型コロナウイルス対策における高齢者への3回目のワクチン接種が80%を超えたことが3月28日、政府の集計で判明した。

オミクロン株による感染流行の第6波は感染者数の減少局面に入ったものの、下げ止まりがみられる地域もある。年度替わりでの接触機会の増加と、オミクロン株の派生型「BA・2」への置き換わりが懸念される中で、接種の進展が医療負荷の軽減につながるとの期待もある。

関連記事

[ 2022年04月06日 07:56 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp