韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  韓国株式市場で色あせるサムスン電子の存在感…時価総額に占める割合も低下

韓国株式市場で色あせるサムスン電子の存在感…時価総額に占める割合も低下

サムスン電子はその株価水準から一時「8万電子」などと呼ばれたが、今では「6万電子」に逆戻りした。韓国株式市場で時価総額トップのサムスン電子の株価は最近底入れするどころか、52週最安値を更新し、市場での圧倒的な存在感も徐々に色あせている。

韓国取引所によると、サムスン電子の普通株式の時価総額は20日現在で402兆3630億ウォン(約41兆6000億円)で、市場の時価総額全体(2132兆9050億ウォン)の18.86%だった。これは2019年6月17日(18.83%)以降で最低だ。 サムスン電子は2000年1月に初めて時価総額トップに立った。当時サムスン電子が市場全体に占める割合は12%にすぎなかった。しかし、グローバル企業に成長するに伴い、その比率も徐々に高まり、2020年3月19日には26.11%まで上昇した。

今年初めまでサムスン電子が時価総額全体に占める割合は20%台前半を維持していた。しかし、1月にLGエナジーソリューションが時価総額100兆ウォンを超える規模で上昇し、サムスン電子の割合が低下した。

スポンサードリンク
その後、ロシアのウクライナ侵攻などの外部要因やサムスン電子の主力事業であるメモリー半導体の業況に対する不透明感などから株価は上向かず、時価総額全体に占める割合もさらに低下した。年初来、韓国総合株価指数(KOSPI)が8.7%下落する間、サムスン電子の株価は13.9%下落した。 SK証券のキム・ヨンウ・リサーチセンター長は「サムスン電子の株価が反発するには、新たな成長動力として、システム半導体やファウンドリー部門など非メモリー部門の先行きを楽観する見方が浮上しなければならない」と指摘した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/04/22/2022042280078.html

2014-05-09-sam.jpg

韓国株式市場の時価総額で首位・サムスン電子が占める割合が19%を下回り、2年10カ月ぶりの低水準となった。韓国取引所によると、サムスン電子の普通株式の時価総額は14日時点で402兆9600億ウォン(約41兆7900億円)だった。KOSPIの対象である全ての上場銘柄の時価総額合計(2131兆ウォン)に対し、サムスン電子は18.91%を占めた。19%を切るのは2019年6月18日(18.95%)以来。

さらに今月20日終値ベースで、サムスン電子の時価総額は全体の18.86%まで下がった。 年初以降、KOSPIが8.70%下落する間にサムスン電子の株価は13.92%落ち込んだ。同社が4月7日に発表した1~3月期の業績は、売上高が四半期ベースで過去最高、営業利益も1~3月期では過去2番目の大きさだった。こうした好業績にもかかわらず、その後10営業日で株価は1.61%下落。18日には52週ぶり安値をつけた。

専門家は、ロシアのウクライナ侵攻などで世界の先行きの不確実性が高まり、IT製品と半導体需要が減るという懸念がサムスン電子の株価を押し下げたと分析している。

関連記事

[ 2022年04月23日 08:12 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp