韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国政治 >  韓国警察、「安倍銃撃」の模倣犯防ぐためオンライン「銃器製作法」の集中取り締まり実施へ

韓国警察、「安倍銃撃」の模倣犯防ぐためオンライン「銃器製作法」の集中取り締まり実施へ

韓国警察がユーチューブなどオンライン上に掲載された手製銃器の作り方の動画などに対する集中取り締まりに入る。手製の銃に撃たれて死去した安倍晋三元首相事件の模倣犯を予防するためだ。

警察庁は11日、「今日から8月15日までの1カ月間にわたり、インターネットで共有されている銃器類の製作方法など有害情報について、集中的に取り締まる予定だ」と発表した。警察は通常5月と10月に関連の取り締まりを行ってきたが、今回の事件を機に追加で特別取り締まりを実施することにした。銃砲・火薬類製造法など集中監視のために市道警察庁傘下の安保捜査分野サイバー要員と全国258の警察署の銃砲担当警察官やサイバー名誉警察官の「ヌリカップス」など1000人以上を動員する予定だ。

現行の銃砲や刀剣、火薬類などの安全管理に関する法律(銃砲火薬法)は、手製銃器の製造法をインターネットに掲載した場合、3年以下の懲役または700万ウォン(約73万円)以下の罰金に処するよう定めている。

スポンサードリンク
警察は、掲示者の特定と処罰とは別に、海外サーバーなどに掲載された書き込みに対しては、まず放送通信審議委員会に接続の遮断を要請する計画だ。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/44022.html

2022-07-12-k002.jpg

山上容疑者は県警の調べに、「銃は手作りで、今年の春頃に完成した。自分で部品を買い、銃や爆弾を家でたくさん作った」と供述しているという。自宅からは手製の銃数丁が押収されており、計画的に事件を起こした可能性がある。山上容疑者の自宅は、銃撃現場から約3キロ離れた住宅街のマンション8階にあるワンルーム。マンションは築33年の8階建てで、1、2階に飲食店などが入り、3~8階が居住用となっており、多くがワンルームという。

今回、SPと警察の連携の問題。安倍元総理の背後は全くの無防備状態である事。また山上容疑者がYouTube上での手製製造動画などを参考にしたなど…。日本においても実施すべき問題に対応する必要がある。 韓国メディアは違法の密造銃器、韓国も安全地帯としたうえで、違法武器類の情報提供、60%がユーチューブにて公開していると報じている。


関連記事

[ 2022年07月12日 08:05 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp