韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  中国 >  7月、中国製造業の購買担当者景気指数(PMI)が49%に下落

7月、中国製造業の購買担当者景気指数(PMI)が49%に下落

中国物流購買連合会と国家統計局の7月31日発表のデータによりますと、中国の製造業の7月の購買担当者景気指数(PMI)は49%で、前月より1.2ポイント低下したということです。

PMIは、数値が50を上回ると、現在の景気が上向きだと考えている人が多いことを示し、50を下回る場合は、景気が落ち込んでいると考える人が多いことを示すとされています。 

専門家らは、5月と6月に2カ月連続で上昇した後での7月の下落は高い気温や大雨など短期的な季節的要因によるものだと分析しており、市場の先行きを楽観視しています。新興産業は依然として上昇の勢いを保ち、市場の需給が縮小しているにもかかわらず、雇用は比較的安定しています。

スポンサードリンク
なお、調査を受けた製造業の21の業界のうち、農副食品加工、食品、自動車、鉄道、船舶など10の業界のPMIはいずれも高いレベルで、52%以上に達したとのことです。
https://www.recordchina.co.jp/b898734-s12-c20-d0165.html

2022-08-02-k003.jpg

型コロナウイルスの新たな感染拡大と世界経済の見通し悪化が需要を圧迫した。6月は50.2、ロイターがまとめたアナリスト予想では50.4への改善が見込まれていた。国家統計局高官は、中国の経済繁栄の水準は低下しており、回復のための基盤を強化する必要があるとした。ガソリン、原料炭、鉄鋼などのエネルギー集約型産業が引き続き低迷し、7月の製造業PMIを押し下げる主な要因となったとしている。

生産、新規受注、雇用を示す指数がいずれも50を下回った。生産を示す指数は3ポイント、新規受注は約2ポイント低下し、雇用は0.1ポイント低下した。非製造業PMIは53.8と前月の54.7から低下した。製造業と非製造業を合わせた総合PMIは52.5。前月は54.1だった。 キャピタル・エコノミクスは政策の抑制、ロックダウン(都市封鎖)への懸念、消費者心理の低迷により、中国経済の回復への道のりはより長くなる恐れがあるとの見方を示した。

関連記事

[ 2022年08月02日 08:16 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(1)
中国は景気低迷。
購買担当者景気指数(PMI)が低いというのは、工場には
原材料がたっぷりある、ということですね。
営業サイドから「注文がくるから原材料を買っておけ」
という指令もない。
[ 2022/08/02 13:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp