韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  中国 >  中国製の自動運転車、性能は米国製並で価格は半額でAI特許は世界一

中国製の自動運転車、性能は米国製並で価格は半額でAI特許は世界一

中国が世界で最も急速に半導体工場を増やしている。米紙ウォールストリートジャーナルは7月24日、業界団体SEMIの集計を引用し、中国が2024年までに半導体工場を31カ所建設する予定だと報じた。 台湾(19カ所)と米国(12カ所)を大きく上回る規模だ。

韓国、台湾、米国が先端半導体競争に熱を上げる間、中国は車両用といった中・低価格半導体を集中攻略している。中国半導体最大手の中芯国際集成電路製造(SMIC)は中・低価格帯では高付加価値製品に属する「28ナノメートル半導体」に集中投資を行い、昨年は15%だった中国の28ナノメートル半導体のシェアが2025年には40%まで上昇するとの見方が示されている。

中国は2015年に立てた「中国製造2025」政策を通じて集中的に育成した半導体、電気自動車(EV)、人工知能(AI)、バイオなど先端産業で最近目に見える成果を上げている。一部分野は韓国を脅かすレベルを超え、米国と技術覇権を争うレベルに達したとの評価も聞かれる。

スポンサードリンク
国のEV最大手、比亜迪(BYD)は7月21日、日本市場に進出すると電撃発表した。来年1月にSUV「アットスリー」を発売するのを皮切りに、EV3モデルを販売する計画だ。世界最大の自動車メーカー(トヨタ)がある製造業先進国の日本と対決するという発表は、中国の製造業がもはや「二流」ではないことを示す象徴的なシグナルと見なされた。BYDは来年中の韓国進出も計画しており、最近6モデルの商標権を登録し、人材の採用を進めている。
https://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/08/10/2022081080164.html

2022-08-14-k007.jpg

中国のインターネット検索大手、百度(バイドゥ)は世界知的所有権の日(4月26日)に合わせて「バイドゥ人工知能(AI)特許白書(2022)」を発表し、価値の高い特許に関する成果を初めて公開した。それによると、2021年は同社の深層学習(ディープラーニング)と自動運転に関する特許出願件数がいずれも世界首位となった。

同社のAI関連特許出願件数は4月時点で2万2千件超、うち中国での特許出願件数は1万6千件を超えた。また、中国での特許取得数は4600件超となった。関連する報告書によると、中国のAIに関する価値の高い特許およびイノベーションの駆動力の評価結果で、同社が首位に立った。

同社は21年、対話型AI分野で唯一の中国特許金賞を獲得し、AI分野で得た中国特許賞の数が最も多く、賞のランクが最も高いハイテク企業となった。国家知識産権局が4月15日に発表した第23回中国特許賞の審査結果によると、同社の5件の特許が中国特許賞を獲得し、うち自動運転とコンピュータビジョンに関する2件は銀賞を受賞した。

関連記事

[ 2022年08月14日 08:35 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp