韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国議員団、日本で韓日関係悪化を実感「これほどの冷遇は初めて」

韓国議員団、日本で韓日関係悪化を実感「これほどの冷遇は初めて」

「議員外交まで行き詰まり、深刻な状況だ」 日本を訪問している韓国国会外交統一委員会の議員5人は29日、東京で行われた韓国メディアとの懇談会で、韓日両国間の雰囲気が予想以上に冷え込んでいることを実感したと話した。尹相現(ユン・サンヒョン)外交統一委員会委員長を始め、兪奇濬(ユ・ギジュン)、鄭鎮碩(チョン・ジンソク)=以上、野党・自由韓国党=、千正培(チョン・ジョンベ)=野党・民主平和党=、李貞鉉(イ・ジョンヒョン)=無所属=の各議員は28日から1泊2日の日程で議員外交のために日本を訪れた。

しかし、予定されていた日本の衆議院外務委員長との面会は拒絶され、なんとか面会の約束を取り付けた参議院でも当選1回の比例代表選出議員1人が応対しただけだったという。尹委員長らは訪日する1週間前から駐日韓国大使館を通じて衆議院外務委員長との面会を申し入れ、徴用問題での韓日対立の解消に向けて意見を交換したいとの意向を伝えていたという。しかし、韓国議員団によると、衆議院外務委員長を務める若宮健嗣議員側は韓国側の連絡を避けているかのように、面会要請に返答せず、明確な理由も示さなかったという。

スポンサードリンク
尹委員長は懇談会で「韓日関係がどれほど悪化しているのか、東京で肌で実感した。「コリア・バッシング(韓国たたき)」が深刻だ」と述べた。韓国海洋水産部(省に相当)長官を務めた兪奇濬議員は「日本には何度も来ているが、こんな礼遇は初めて」と話した。
http://www.chosunonline.com/

韓国議員と言うのはよほど頭が悪いらしい。日本を敵国視したうえに、条約・合意文書放棄である。常に後から文句をつけ、あれは無かったことに等々…。都合の良い連中である。日本を敵国としたのだから、韓国議員が日本に来る必要はないだろう。謝罪を安倍首相に実施してから出ないと、話をするテーブルは無い。

冷遇というが、韓国政府は日本は敵と言う位置付けであるから、日本はそれなりの対応を実施するしかない。貿易は動いてはいるが、訴訟問題において、現金化を進めれば、日韓の今後は無いと考えるべき。日本企業の撤退とともに韓国は崩壊する。と言う実態を理解していない議員連中の頭のほうが異常だろう。

関連記事

[ 2019年05月30日 09:20 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
ノーテンキにツートラック
反文在寅の野党議員団だから、これが精一杯の
感想表現だろう。国対国のことを論じるのに、
野党といっても自国政府を攻撃はできない。

日本へ行くだけでも勇気がいることだ。この議員団は
帰国してどういう論を張るのか。記事が暗に示すのは、
文在寅が訪日しても何の変化も起こらない、ということ。

日本側は官民ともに諸々脱韓国を整理中だが、韓国側は
ノーテンキにツートラックなどと言っている。
[ 2019/05/30 14:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp