韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  日本「金融業登録証3日で発行…脱香港資本を積極的誘致」

日本「金融業登録証3日で発行…脱香港資本を積極的誘致」

中国の香港国家安全法施行などで金融機関の「香港脱出」が続く中、日本政府がすでに関連法令を改正し「脱香港資本」の誘致に速やかに対応していることが分かった。氷見野良三金融庁長官は7日に報道された産経新聞のインタビューで、香港など政情や治安が悪化して金融事業者が避難した場合、迅速に日本で営業活動ができる仕組みを整えた、と明らかにした。

これによると、日本で活動するためには金融商品取引業の登録が必要だが、日本政府は7月、金融商品取引法関連の内閣府令を改正した。届け出れば最短3日程度で登録証が発行され、日本で3カ月間の営業活動が可能になる。営業期間は延長できる。氷見野長官は「日本が国際金融センターとして機能を果たすことは、アジアや世界のためになる」と述べ、香港などから優秀な人材が集まることに期待感を示したと、同紙は伝えた。氷見野長官は「金融のプロフェッショナルな人材を厚くし、金融市場としての魅力を高める必要がある」とし「7月には政情不安などで継続が難しい外国のファンドなどに日本を一時的な避難先として迅速に認められるような制度も設けた」と明らかにした。

続いて「香港が引き続きアジアで重要な金融の役割を果たすことを希望している」としながらも「アジアで何カ所か金融センターがあったほうが感染症や地政学的なリスクを分散できる」と強調した。日本は東京オリンピック(五輪)が新型コロナウイルスの感染拡大で延期になり、「ポスト香港」誘致に死活をかけている。ビザ(査証)簡素化、国際学校、医療環境整備など具体的な案も用意した。安倍晋三首相は6月、参議院に出席し、「東京の金融の中心地としての魅力を強調しながら、外国人材の誘致に積極的に乗り出す」と述べた。

スポンサードリンク
東京都は香港に特別チームを派遣し、12のヘッジファンド運用会社と接触して東京への移転を説得したと、フィナンシャルタイムズ(FT)が最近報じた。
https://japanese.joins.com/JArticle/268980?servcode=A00§code=A00

2020-08-09-k003.jpg

日本やオーストラリアなどアジア太平洋地域の国々は、中国による香港国家安全維持法施行で香港から逃げ出す金融機関を呼び込もうと誘致策を準備しているが、金融業界は、こうした国の一部は高い税率や労働コスト、肥大化した官僚制度、文化の違いが誘致の障害となっており、最も有力なのは香港と類似点の多いシンガポールと考えている様だ。だがシンガポール自体は誘致にそれほど熱心ではない。とはいえ、アジア太平洋地域の金融センターの座を巡って争うライバルたちは、国安法を巡る懸念が追い風になると期待している。

オーストラリアのアンドルー・ブラッグ上院議員は今月、財務省に書簡を送り、「香港の混乱で、オーストラリアとシドニーがより強力な金融センターとなるチャンスが生まれた」と指摘し、政策の変更を促した。また日本も当局者が香港からの事業誘致に言及し、今月に入って国際的な金融センター化に向けて有能な人材を誘致する方針を打ち出している。与党が公表した香港の金融人材受け入れ策には、就労ビザ制度の見直しや投資管理業務のライセンス承認手続きの簡素化などが含まれる。

金融機関が香港から流出した場合に最も恩恵を受けるのはシンガポールとなる公算が大きい。法人税率が17%と低く、企業に優しい環境が整い、既に金融センターとしての立場を確立している事が理由だ。

関連記事

[ 2020年08月09日 08:45 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp