韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  日本はファイザー製ワクチン1億回分調達、韓国はゼロ

日本はファイザー製ワクチン1億回分調達、韓国はゼロ

米ファイザーとドイツのバイオエンテックが開発している新型コロナウイルスのワクチンの販売が年内に開始されたとしても、来年までに供給可能な13億5000万回分の90%に当たる12億回分以上を米国、欧州連合(EU)、日本などが調達済みの状況となっており、韓国への導入は難しい見通しだ。韓国政府はファイザーだけでなく、どの製薬会社ともコロナワクチンの調達契約を結んでいない状態だ。

主要国のファイザー製ワクチン調達量は、米国6億回分(5億回分の追加購入オプション)、EU3億回分(1億回分の追加購入オプション)、日本1億2000万回分、メキシコ3440万回分、英国3000万回分などだ。ファイザー製ワクチンは1人当たり2回接種を行う方式だ。カナダ、オーストラリア、チリ、ニュージーランドなども調達を行った。中国、ロシアなどコロナウイルスを独自開発している国を除くと、主要国は大半が調達を済ませたと言える。主要国はファイザーだけでなく、モデルナ、アストラゼネカ、ジョンソンアンドジョンソン、サノフィなどコロナワクチンを開発している製薬各社と調達契約を結び、さまざまな可能性に備えている。

韓国政府は「コベックス(国際ワクチン共同調達プロジェクト)を通じて1000万人分、個別の製薬会社を通じて2000万人分を確保する戦略だ」と繰り返している。ファイザー製ワクチンを接種すると仮定すれば、6000万回分が必要だ。英国の調達量の2倍の量となる。孫映莱(ソン・ヨンレ)保健福祉部報道官は記者団に対し、韓国政府によるファイザー製ワクチン調達の可能性について、「個別企業との交渉過程を具体的かつ詳細に明らかにしにくい側面がある」と答えた。

スポンサードリンク
韓国政府は韓国企業のSKバイオサイエンスが英アストラゼネカ、米ノヴァヴァックスのワクチンを受託生産するため、韓国での生産分の一部を国内用に確保できると期待している。しかし、そうした期待は「絵に描いた餅」になる可能性がある。調達契約を結んでいないため、他国の調達分が解消されるまで待たされる可能性があるからだ。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/11/12/2020111280011_2.html

2020-11-12-k002.jpg

欧州連合(EU)は米ファイザーPFE.Nと独ビオンテックBNTX.O22UAy.DEが共同開発する新型コロナウイルス感染症ワクチンの調達契約を11日に承認すると、欧州委員会のフォンデアライエン委員長が10日に明らかにした。ファイザーとビオンテックが開発するワクチンはメッセンジャーRNA技術に基づくもので、遺伝子を人工的に合成するため短期間で大量のワクチンを製造できる利点がある。ファイザーは前日、同ワクチンの臨床試験で感染を防ぐ有効率が90%を超えたと発表した。

製薬大手ファイザーPFE.Nと独ビオンテック22UAy.Fは22日、米政府から19億5000万ドルを受け取り、両社が開発する新型コロナウイルスワクチン1億回分を提供する契約を締結したと発表した。5億回分の追加供給の可能性もあるという。アザー厚生長官はFOXニュースに対し、米食品医薬品局(FDA)から緊急使用認可を得られれば、ファイザーが12月から1億回分のワクチンを提供する契約に署名した。

先行する米国や英国にはやや水をあけられた感のある日本だが、海外製薬会社からの調達や日本メーカーへの生産支援などで、ワクチン確保のめどが立ってきた。 米国の製薬会社ファイザーは2020年7月31日に日本政府との間で、2021年上半期(1-6月)に現在開発中のワクチンを1億2000万回分供給することで合意したと発表している。 同社のワクチンは米国のBioNTechが開発したmRNA技術をベースとしたもので、1人当たり2回接種する必要がある。このため6000万人(1億2000万回)分のワクチンが2021年6月までに調達できる事になる。

関連記事

[ 2020年11月12日 08:42 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp